地味すぎて誰にも言えなかった、 南武線のあるある