一橋生に1ミリも知らないキャラクターを使って物語つくってもらった。-前編