『あッッ……もうこんな時間?!』”絶望の起床”の対策練りました。