雑誌は実はみんなのためのものかもしれないという話