門限を愛おしく思ってみようとした話